釣りダディーのファミリーフィッシング釣果録 其の弐

ファミリーを巻き込んで神戸港、神明間そして時々淡路島に出没する出戻り4年目アングラーのブログ。腕前は下の下で才覚なし(ノД`)

*

メバリングのフロートリグ用ロッドは代用可?チューブラーかソリッドか

      2017/04/12

170407_float_syallow-freak_tidey-soare-outshoot

ダディーのメバリングは、ジグ単でのタダ巻きやライトワインドもどき、それにフロートでのメバリングの3種類が中心です。
キャロとかはあんましませんが、今後、覚えていこうかと・・・。

で、とりあえずメバリングで使うロッドは2本あります。

1本はダイワの月下美人707UL-S 

1本はメジャークラフトのファーストキャストFCS-T682AJI 
※リンクはそれぞれのロッドについて書いた昔の記事にリンクしてます。

で、今ちょっと悩んでいるのが、フロートのときのロッドは何が良いかなんです。
ちょっと、その辺を考えつつ、自分の頭を整理するために書いておきます。

Sponsored Link

メバリングのフロートリグ用ロッドの長さと硬さはどんなのがいい?

メインロッドは月下美人の方、タダ巻き中心です。
ウルトラライトソリッドで穂先が柔らかく勝手に食い込んでくれるので、手センサーの弱すぎるダディーにも重宝します。
そして、 軽いリグも投げやすい 
それほど高価なロッドではありませんが、悩みに悩んで購入した1本です。

一方、ファーストキャストは衝動買いしてしまったやつです。
チューブラも1本欲しいなぁとか軽く思っていたときに、釣行前に立ち寄った魔界で触って、ついつい(^_^;
メインロッドの月下美人では穂先が柔らかすぎて、ライトワインドし難いなと思っていたのもありました。
ってことで、まともに出来ないのですがライトワインド用って感じです。

軽いリグはとっても投げにくく感じています。

で、ロッド2本持ちで行ってフロート投げようかとしたときに、ロッド何使うのがえーの?( -`д-´)!となってしまいました。
ファーストキャストの方が短いけど、張りがあるから重ためのフロートもしっかり投げれるかと思いましたが、そもそも 遠投したいのにロッドが短すぎ -ω-)?

なんで、こんな短いの買ったんだろう・・・
テトラですることも多いのに・・・
そのときは漁港でのアジングも念頭にあったのかな?

やっぱ遠くに発見した潮目めがけて目一杯フロートを投げるには、そこそこの長さ(できれば8フィートくらい)で、そこそこのウェイトに対応(せめて10gくらい?)したロッドの方が良いかと思うのですが、上記の2本はどちらも適応ルアーウェイトは上限5g。
まぁ、といっても張りのあるチューブラーのファーストキャストの方が少々オーバーしても対応は出来そうです。

Sponsored Link

メバリングのフロートリグにはエギングロッドやシーバスロッドやワインドロッドの代用可能か!

そこで考えるのが、ライトゲームの範疇には入らないジャンルのロッドの流用ですね。
メバリングにはちょっとオーバースペックなエギングロッドやシーバスロッドなど。
ダディーはどちらも持ってないので、タチウオで使うワインドロッドの流用を考えます。

ダディーの持っているワインドロッドは以下の2本

1本はシマノのソルティアドバンスTS806M

1本は釣り最高さんのプライベートブランドかな?だと思うエルマックスというブランドのダーター832W、ニーキュッパの安モンです。

この2本を比較すると8.6フィートと8.3フィートで、適応ルアーウェイトは6~28gと7.1~17.7gってとこ。
それにロッドの自重が145gと172gでやっぱ結構な重さ。
月下美人は84gでファーストキャストは72gでした。

けど、シャクリ倒すわけでもないから、少々重くてもいいかな?
あとはリールとのバランスとラインをどんなの使うかってとこか・・・・

とにかくこの2本なら、やっぱソルティアドバンスですね。

前にダーターでフロート投げたことはありますが、今以上に意味分からんとやってたので参考になりません。

とりあえずフロートメインでやりそうなときに、一度試してみます!
( `ー´)ノ!!
けど、やっぱちょっとオーバースペックすぎるかな・・・。

エギングロッド欲しいから、ちょっとライトなエギングロッドを購入して、フロートにも使うってのもありかなと悩みます。
(-ω-;)ウーン

メバリングのフロートリグで使うロッドのティップ チューブラーとソリッドだとどっちがいい?

よく変わらないのですが、やっぱ張りのあるチューブラーの方が、重ためのフロートを投げるには良いのかなと。
そして、感度がホントに良いのであれば、遠くからのバイトにも反応しやすいのはこっちでしょうか・・・・。

まぁ、月下美人のソリッドではシャロフリの一番軽い7.5gでも明らかに重くて投げにくかったので、ファーストキャストのチューブラーでシャロフリ投げて試してみようと思います。

 

フロート重量が4g未満のタイディソアレアウトシュートだと、月下美人でもストレスなく投げること出来ました。

最初はいろいろ試しましたが、今はこの2種類のフロートに落ち着いています。
ガッツリフロートするつもりのときはシャロフリで、ジグ単用1本で行って、もっと飛ばしたいって状況になったらアウトシュートです。
 

追記:試し釣りの結果

チューブラー6.8フィートのアジングロッドであるファーストキャストでフロートを投げて試してみました。 ⇒ このとき

結果、7.5gのシャローフリーク(ジグヘッドは0.3g)を問題なく投げることが出来、なんなら、もうちょい重くてもいけそうって感じ。
更には、手センサーの弱いダディーでも潮流の変化などを感じることが出来、結果、澁い状況の中でメバルを釣ることが出来ました(^^)

安物ワインドロッドでフロート投げたときは、そんなの分からずに、ただ投げて巻いてくるだけって感じでしたし、やっぱそこまでオーバースペックにるとバイトの察知が鈍くなり、弾きやすくなり、HITしてもやりとりおもしろくないだろうって事で、もっかいワインドロッドで試投することなく、今シーズンのフロートリグでのメバリングはファーストキャストでやっていくことに決定です。

 

これで月下美人でただ巻き中心のジグ単の釣り、ファーストキャストでフロートの釣り&ライトワインドって使い分けで行くことに落ち着き、なんだかスッキリしました(^^)/~~~

よっしゃ!20アップのブルー釣るぞ!
╰(°ㅂ° )╯

Sponsored Link

最後まで読んで頂きありがとうございます。
お帰りの際は、更新の励みにひとつポチッとお願いいたします。
   ρ゙(・・*)にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

 - ロッド&リール ,


1番上へ