釣りダディーのファミリーフィッシング釣果録 其の弐

ファミリーを巻き込んで神戸港、神明間そして時々淡路島に出没する出戻り5年目アングラーのブログ。腕前は下の下で才覚なし(ノД`)

*

バイブレーションどんなルアー?鉄板バイブ使い方|アイの位置

   

160909_lure_vibration_metalvibe

ダディーはワインドでのタチウオ釣りにちょこちょこ行っていますが、明るい時間帯など中心にたまにジグや鉄板バイブを投げてみたりします。
で、ワインドでもたいして釣れませんが、ジグやバイブレーションだと尚のこと釣れる気がしません。
ジグではこの前、なんとか釣ることが出来ましたがバイブレーションでは恐らく一度も釣ったことがありません。
投げて巻くだけとのことですが・・・・・

ちょっと基本的な使い方とかを、お復習いして頭に入れておき、使いたい状況があったら意識してやってみたいと思います。

Sponsored Link

バイブレーションってどんなルアー?

まず、あらためましてバイブレーションとはその名のとおり、リールを巻くと勝手に小刻みに震えながら動いてくれるルアーです。
ただ巻くだけで(いわゆるただ巻き)水を切りながら動くので、アピール力が強く、広範囲にいる魚を寄せる効果あり。
シーバスなんかで良く使われてるんですかね。

そういえば、初めてバイブレーションを使ったとき、手に伝わってくるそのブルブル感で、何かがHITしたと勘違いしたのも良い思い出・・・
って、んなワケあるか!
┌(`Д´)ノ)・∀・) 

すみません、取り乱しました。

バイブレーションは樹脂で出来ているものが多いです。
これが基本形。
そして、金属で出来たバイブレーションが、鉄板バイブとかメタルバイブとか呼ばれています。

ダディーがたまに使うバイブレーションはこの鉄板バイブ。

鉄板バイブの利点は、樹脂製のものより比重があり、薄くて空気抵抗が少ないので飛距離が出ます。
そして比重が大きいということは、沈むのが速くなります。

ちなみに、シリコン製のもあるらしいですね。

鉄板バイブの先駆けはコレみたいです。
コアマンのアイアンプレート、有名ですね。
ダディーは持ってませんので、1つ試してみたい気はします。

けど、高い・・・(-ω-;)ウーン

鉄板バイブの使い方

夕方暗くなる前や朝方明るくなってくると、ワインドで必死でしゃくってる横で鉄板バイブタダ巻きだけで、涼しい顔でタチウオゲットされる方たちがいます。
そういや、よしさんもよくそれで釣ってたかな・・・

そして、見よう見まねでやってみてもダディーは何か釣れん。
何かが違うのでしょう。
そこで、基本的なことをお復習いし、色々試せる状況にしておきたいと思います。

それでは、鉄板バイブの基本的な使い方ヽ(゜∀゜)
って言っても、ネットに転がってる情報をダディー的に理解し、後々見返せるようにまとめただけなので、「そら違うやろ!」って事もあるかもです。

【使い方】
●基本はただ巻き
※リトリーブスピードはルアーが動く最低のスピードから早巻きまで
※そして、その時のヒットスピードを見つける
※シーバスでは1秒2回転とかが基本ぽい
※あまり早巻きしすぎるとバランスが崩れる。ジグなら超早巻きでも大丈夫
※タチウオは捕食が下手なので、あまり早巻きはダメ

●タダ巻き中にトゥイッチ
※チョンチョンと小刻みにロッドを動かします

●ストップ&ゴー
※つまり巻いてるのを止めて、しばらくしてまた巻くって感じ
※この止めてる間をどれくらいにするかってのも、色々探る感じでしょう

●リールでなくロッド操作でストップ&ゴー
※上手く言えませんがよくやります。ロッドを大きく煽ってロッドを戻しながら糸ふけを巻き取る感じのやつ

●リフト&フォール
※ボトムまで落としてリフトアンドフォール
※タダ巻きとこのリフト&フォールが基本らしい

と、まぁこんな感じでしょうか。
今までは、考えたらリフト&フォール以外はやってます。
リフト&フォール、ジグではやりますがバイブレーションではやった事がなかったです。
また、やってみよう。

【使用場所】
●やっぱ、基本的にオープンな広いエリア
●沈むのが速いので水深のある場所で

【使い時】
●魚がどこにいるか分からないときにサーチするパイロットルアーとして
●沈むのが速いので底から探りたいとき
●何でも喰ってくる高活性時
●しゃくり過ぎて疲れたときなどw

【デメリット】
●根掛かりに弱い
※フックを工夫することで、ある程度回避しやすくなるかも・・・

Sponsored Link

ラインアイの位置で使い分け

鉄板バイブはラインアイが2つとか3つとか付いてるのがありますね。
あれは、何処に付けるのが良いのでしょう?

これは鉛の位置とラインアイの位置が遠いほど良く揺れるようです。
つまり後方に付けると大きくバイブレーションして、前方に付けると細かく揺れるって感じです。

そして後方に付ける方が浮き上がりやすくなり、前方はレンジをキープしやすい感じ。
これ、なんかダディー反対に考えてました。

なので、前穴(ディープアイと呼ぶらしい)は浮き上がりにくいのでスロー巻きには不向きで、早巻きしたいときに。
そして、後穴(バジングアイと呼ぶらしい)は浮き上がりが速くアクションも大きいので、ゆっくりめで巻くときに。

ですから、捕食ベタなタチウオメインで狙うなら基本、後ろに付けてゆっくり目で巻く感じがいいですかね。
けど、レンジキープメインで考えるなら前か・・・・

まぁ、こんな感じのことを頭に入れて、何も考えずに投げて巻くだけ、しゃくるだけって釣りはしないように、いろいろ試してみて、釣れなくても次に繋がる釣りをしたいですね(^^)

Sponsored Link

最後まで読んで頂きありがとうございます。
お帰りの際は、更新の励みにひとつポチッとお願いいたします。
   ρ゙(・・*)にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

※この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

 - ど素人アングラーの考察 ,

第39位 メジロ  1匹
●ルアー 1匹
最大61cm 
2017.04.16 神明沖堤

釣り方 ジグ単
釣り人 ダディー
第40位 イシモチ  1匹
●餌釣り 1匹
最大27cm 
2013.12.20 神戸

釣り方 ちょい投げ 
釣り人 ダディー
第41位 ゴマサバ  1匹
●ルアー 1匹
最大23cm 
2016.11.17 神戸

釣り方 ジグ単
釣り人 ダディー
第42位 ナマコ  1匹
●ルアー 1匹
最大15cm 
2017.05.20 淡路島

釣り方 ジグ単
釣り人 ジュニア
第43位 アナハゼ  1匹
●ルアー 1匹
最大10cm 
2017.06.17 淡路島

釣り方 ジグ単
釣り人 ダディー
第44位 チチブ  1匹
●餌釣り 1匹 
最大7cm 
2013.09.23 神戸

釣り方 落とし込み
釣り人 チビ姫
番 外 餌木(エギ)  3つ
●ルアー 2つ
餌木猿3.5号
2016.17 明石

釣り方 エギング
釣り人 ダディー

●餌釣り 1つ
メーカー不明
2013.03.?? 神明

釣り方 ちょい投げ
釣り人 ダディー


1番上へ