釣りダディーのファミリーフィッシング釣果録 其の弐

ファミリーを巻き込んで神戸港、神明間そして淡路島に出没する出戻りアングラーの釣れない釣行ブログ。釣れなくってもアップします(´∀`*)ノ

*

スズキ?の洗礼を受ける

   

130904-suzuki

続き記事です。

サビキ&ハネ釣りでボラアタックとイワシ祭り

上の記事を先に読んで頂けると話が繋がります。
 

さて、サビキではそこそこのイワシの釣果があがりましたが、
問題はダディーのエビ撒き釣りです。

専らハネを狙います。

と言っても、食べれる魚であれば、何が釣れてもWelcomeです。

Sponsored Link

イワシ祭りが始まりだした夕方6時の時点まで、何のあたりも無い様子でした。

そっからは、ダディーもサビキに参加していたので、祭りが終わる6時半頃までは、余り気にしていない状態です。
 

イワシ祭り終了の6時半過ぎくらいから、再び、エビ撒きを始めます。

ちなみにタナもちょくちょく変えています。

釣り開始からイワシ祭りまでは、2ヒロから始めて、3 ⇒ 4 ⇒ 5 と深くしていき、祭り終了後は、5 ⇒ 3 ⇒ 2 と逆に浅くしていきました。
 

最初はあたりが無いので深くしていったのですが、そもそも、エビを上から撒いていたので、余り深くするとダメだったかなと思い立って戻したのでした。

ちなみにエビ撒き用の「底撒き器」は、持っているのですが、イマイチどう使うのか知らなくて、面倒なので、使いませんでした。

何のために購入したのか・・・

しかしです。

タナを2ヒロ程にしたあと、7時前です。

結構薄暗くなっています。

ウキが・・・・・
 

静かに沈んでいきます・・・。
 

 

き・た ?
 

 

少し待って、必死でリールを巻きます。

しかし・・・

ハリス切られてました。
 

こりゃ、スズキやで・・・
 

一度も釣ったこともないし、水面まで上がってきておらず、姿を確認していませんが、そう結論付けました。
 

再トライです。
 

程なく、先ほどと同じようにウキが沈んでいきました。

今度もさっきと同じように逃げられました。

またもやハリス切れ。

もっとしっかりと、
 

ダーーーッ! と
 

合わせないといけないのか・・・・。

ちなみにこれが何号のハリスなのか、覚えていません。
というか、そのときも知りませんでした。
 

もっかいトライです。

時間にして最初のあたりから15分くらいでしょうか。

3度目のあたりがきました。

例によってゆっくりとウキが沈んでいきます。
 

慌てず少し待って・・・待って・・・
 

 

ダーーーッ! 
 

 

と合わせます。
 

良く分からないですが、乗ったような気がします。

リールを巻いて、竿を立てて、リールを巻いて、近くに近くに寄せてきます。

デカ姫に玉網準備の指令を出します。
 

しかし、突然、フッと軽く・・・

痛恨のバラシです(ノД`)
 

けど、僅か15分くらいの間で3回かかりましたので、これは、気合いが入ります。

でも、そっからはさっぱりでした。

短い時合でした・・・。

20時27分満潮なので、もちょっといい感じが続くのかなと思ったのですが、
日の入り19:03、本当にこの夕マズメの僅かな時間だけでした。
 

今回のハネ釣りの反省点がいくつかあります。

 ①タナに応じて、底撒き器を使う。

 ②とにかく、合わせるのが下手。

 ③投げ竿を使っていたので、もっと柔らかい竿がいいみたい。

の3点です。
 

次回は、上記反省点を克服したいと思います。

竿はこんなのがいいですかね。

良くは分からないけど、色がいい。
 

今回のハネ釣りタックルはこんな感じです。

●  竿   昔からある投げ竿 3.6m
● リール  昔からあるスピニングリール
● 道 糸  リールについてた糸(多分ナイロン、号数不明)
● ウ キ  3号(遊動ウキ仕掛け)
● おもり  3号
● ハリス  ?
●  針   エビ専8号  
● エ サ  シラサエビ(1,500円分)
 

明日は、今回サビキで釣ったイワシ料理をアップします。
 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
お帰りの際は、更新の励みにひとつポチッとお願いいたします。
   ρ゙(・・*)にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

  Sponsored Link
 

 
※おすすめ情報

 - 餌釣り ,


1番上へ